前へ
次へ

弁護士による無料相談を利用しましょう。

弁護士に相談した方が良い事案は、身の回りに山ほどあります。刑事事件の加害者・被害者になった場合はもち

more

弁護士費用の種類とは。

弁護士費用には、着手金や報酬金、実費などの種類があります。それらの額は、定められたものは無く、弁護士

more

「にせ税理士」には厳しい罰則があります。

税理士資格がないにも関わらず、税理士業務を行った場合には、税理士法違反となります。税理士は、他人の求

more

自己破産するデメリット

自己破産については、それまで積みあがっていた借金が免除されることになります。したがって、気分も新たに暮らしをリスタートできるというメリットがります。しかしながら、他方でデメリットがあることも否定できない事実といえます。 自己破産のデメリットと言いますと、一般的にいいますと、選挙権を失くしてしまうとか、日々を過ごしていくうえで制限を受けると感じる方が多いのですが、以上のような制限はありません。たしかに、 誤解が多いのですが、基本的には日頃の生活を送るうえでとても大きな支障がでるようなことはありません。デメリットに対し、しっかりした理解をすれば、制度の有用性を理解できるでしょう。デメリットとしておおむね7年間借入れやカードを介してのショッピングができないことがあげられます。 個人信用情報機関の事故についての情報にエントリーされることになります。ですから、後数年は借入れやカードを介してのショッピングなどに差し支えが出ることになります。  その一方で元を正せば、借入れ並びにカードでのショッピングに頼らず、キャッシュで生活を送っていくのが健全です。ですから、却って利点と認識できるかもしれません。さらに、自己破産を行うと、官報において氏名や住所が記述されます。官報に関しては政府が出している新聞と似ていて、一般人の目に触れることはあまりありません。ですから、載ると言う事から周囲の人に破産したことが判明するということは考えづらいでしょう。

難しい公的支援の手続きも迅速に行う会計事務所
補助金申請に関するノウハウが豊富なため、早く補助金が受けられます。

札幌で複雑な税務手続きをおまかせできる税理士
必要書類の準備・手続きが多い補助金申請もスムーズにできるので安心です。

東京にあるPマークに関する相談がいつでもできるコンサル
24時間365日相談受け付けをしているので、便利です。

遺産相続に関する手続きをサポートする弁護士in堺
遺言書作成から遺産分割まで幅広く対応できますので、ご安心ください。

離婚の際のトラブル解決をまかせられる川越の弁護士
親権や財産分与といったトラブルも最善の解決方法を提案します。

また、破産者名簿に記帳されます。  破産者名簿は、破産を行った当人の本籍地の市区町村役場において備わる名簿になります。しかし、こういった破産者名簿は非公開ですので、第三者が思いのままに閲覧できません。 その上、免責が確定され、破産者が復権を得たシーンで破産者名簿から抹消されます。それに加えて、戸籍や住民票に事実が記されることはありませんので、心配いりません。

Page Top